読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アムルーム

アムルによる雑記、地元紹介も。チャージマン研!の記事は増やす予定。たまにお笑いや映画も。読者登録よろしくです!み、見て欲しいんだからねっ!

11月11日は何の日?ディカプリオの誕生日なのでディカプリオのオススメ映画を紹介します。

今から41年前の11月11日、

あの名俳優、レオナルド・ディカプリオが産声をあげた今日はファンにとって嬉しい日です!

 

というわけで簡単ながらもディカプリオが出演した映画でオススメの3本を紹介したいと思います。

 

せっかくなので、良ければ観て欲しいためネタバレを避けて書いてますから、ちょっと乱文気味になってますが、ご愛嬌(笑)

 

早速いきましょう!

 

ザ・ビーチ
公開2000年 監督ダニー・ボイル

出演者レオナルド・ディカプリオ(リチャード) ロバート・カーライル(ダフィ) ヴィルジニー・ルドワイヤン(フランソワーズ)  ティルダ・スウィントン(サル) ギヨーム・カネ(エティエンヌ)  原作 アレックス・ガーランド

『地球のどこかにきっとある』『それは禁断の場所--やがて恐怖が始まった』


リチャード(ディカプリオ)が途中色んな女の人に調子に乗ってちょっかいをかけていく様がハラハラして妙に面白い。
更に段々狂っていって行くような描写も見所。
リチャードにとっては楽園かもしれませんが、周りの人からしたらいい迷惑でしょう(笑)
本当の楽園とは一体なんなのか…。

タイタニックで一世を風靡したディカプリオが100本以上のオファーを蹴って出演を決めた作品。

 

 

 


キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン Catch Me If You Can
公開2003年 監督スティーヴン・スピルバーグ
出演者レオナルド・ディカプリオ(フランク・W・アバグネイル・Jr )
トム・ハンクス(カール・ハンラティ)


『できるもんなら捕まえてみろ』

いや、無理だろ(笑)ってツッコミたくなるぐらい色んな職業者に扮します(弁護士、医師、パイロットなど)

小切手詐欺を繰り返す天才詐欺師と、それを追うFBI捜査官の物語。

FBI捜査官からもいともたやすく逃げて、どんなキャラクターにでも化けれる多才な彼の行く道は…。

実話がベースになっています。

 

 

 

シャッター アイランドShutter Island
公開2010年
監督マーティン・スコセッシ出演者レオナルド・ディカプリオ(テディ・ダニエルズ) マーク・ラファロ(チャック・オール)


「精神を病んだ犯罪者だけを収容する島から、一人の女性が消えた?。」
「この島は、何かがおかしい。」
「全ての謎が解けるまで、この島を出ることはできない。」

アメリカ本土から離れたアシュクリフという島に犯罪を犯した精神病者たちが収納されていた。

保安官・テディは女性患者の失踪事件を捜査するために島へ向かうが…。

 

中々の超展開作品。あらゆるところに物語の伏線が張られていますがそれでもエンディングを読めた人は少ないんじゃないでしょうか。
人間は正気なだけが幸せとは限りません。
ディカプリオは肥えてもカッコイイ(笑)

ストーリー、役者の良さなどを全て兼ねそろえた是非観て欲しい作品。

 

 

 

オマケ

f:id:you9260:20161111144644j:plain

 

クリッター3

日本未公開 監督クリスティン・ピーターソン

出演レオナルド・ディカプリオ(ジョッシュ) ニナ・アクセルロッド(ベティ・ブルッグス) ジョン・カルヴィン(クリフォード) ドン・キース・オッパー(チャーリー・マクファデン) 

 

あえてストーリーは割愛します。

 

ディカプリオの映画デビュー,若い頃を楽しめるお宝映像です。

 この作品で俳優ディカプリオは世に出て「誕生」したのですね。

 

 

それでは改めて、HAPPY BIRTHDAY ディカプリオ!

これからも良い作品を世に送り続けてください。

 

それでは。