アムルーム

アムルによる雑記、地元紹介も。チャージマン研!の記事は増やす予定。たまにお笑いや映画も。読者登録よろしくです!み、見て欲しいんだからねっ!

はてなブログさんからのお題に乗っかってみる。「2017年にやりたいこと」

今週のお題「2017年にやりたいこと」


f:id:you9260:20161230102928j:plain


アムルですー。お疲れ様ですー!

んー。こういうお題ってかなり漠然としてて、実は答えるのに難しかったりしますよね。

難しいって感じるって事は、今の現状で満足してるんかなぁと思ったりします。

普通に仕事して、普通に仕事終わり飲みに行って、普通にはてなブログ書い……

あっ!


これや!(関西弁)


目標、今書いてて決まりました(笑)


今年、はてなブログで発信していきたかった一つに
趣味の「映画」のレビューもありました。
が、アムルの中だと、やはり自分の趣味は趣味で置いとこう、って感じになってしまうのかあまり記事にはしていません。(チョロっとは記事にはしています)



何回か、映画の記事を書き上げて、やっぱり記事にはしないでおこう、の繰り返しでした。

実際、映画ってほんと人それぞれで「味覚」みたいなもんだと思ってます。

例えばラーメン屋にツレと行って
全く同じラーメンを頼み、自分は「美味しいな」と思っても
ツレは余裕で「不味かったな!」とドヤ顔で言われた経験は誰にでもあるんではないでしょうか??

僕の場合、映画にもそれ結構あって、
自分が「面白いな」と思った映画を、ツレは「面白くなかったな!」と横で言われると、その日1日がスゴク損した気になるし、その映画も自分の中で80点だったのが、60点ぐらいになってしまう(要するに一緒に観に行く人を選べばいいのですがね笑)

一緒に観た人と「間」の平均点をとる、といったのが実際あまり好きではないです。(矛盾していますが、映画の話をするのは好きです。)

後は、「アクション」しか観ないとか
本格的な「サスペンス」しか観ないとか人って本当に好き嫌い分かれる。正に「味覚」やんて思ってます。

他の映画のレビュー記事を書いてる、友人がいるのだが、
その友人自体、僕と映画を観るセンスは似てて映画の話をすると何時間でも話せる勢いだった。
が、その友人はあまり面白くなかった映画のレビューを辛口で書いたタメに「悪口」ととられコメント欄が荒れて、確かレンタルブログだったためか一時停止をくらっていた。



作品て、実は作った人のモノじゃなくて、観た側のモノなんだと思う。
愛的な意味も含めて。

話は少しズレるが
かの有名な鳥山明作の「ドラゴンボール」もマニアックな観た側(読者)は、どのキャラが好きとか、あのキャラの戦闘力は何万だ、とか凄まじく記憶している人も少なくない。

だが!鳥山明先生自体は
キャラを実はあまり覚えていなかったりするようですよ。

そういう話を聞くとなおさら、読者のモノなんだと思う。


来年の目標を、以上の事から具体的に発表するなら
映画のレビューだけでなく、
「色んな事にビビり過ぎず、自分の思った事を発信しよう」
という事です。
周りを気にするのも大事だが、バランスをもう少し自分にウェイトを置こうと思います。


やっぱりブログってか、何かを書くことって何かを思いついたりするから大事ですよね。

来年の目標をくれた、はてなさんありがとう!

来年もゆる~く、いきます。

よろしくですです。

はてなブログの凄さ。

 


                           f:id:you9260:20161228190022j:image

 

どうもー、アムルですー!お疲れ様です。

 

今年ももう残りあと僅かですね。

 

今年の事を思い返すと、

そういえばこのブログ今年から始めたなぁ、ってなんとなく振り返りました。

 

何故、はてなブログを使用してみようと思ったかと言うと、どのブログを最初使うか色々迷っていて

色んなブログの比較サイトなんかを見たりしてました。

 

それによると、どのサイトを見ても 

ほとんどと言っていいぐらい、はてなブログをオススメしていました。

 

その理由は、色んな人に自分のブログが見てもらえる事に、はてなブログが他のブログより強いからといったような事をどのサイトにも書いてました。

 

僕も当然ながら、自分の思った事をブログで発信し、共感、わかちあう事を色んな人としたかったのではてなブログを選びました。

 

以前はライブドアブログさんの方も使用はしていたのですが、全く見に来てくれる人がいない。(アムルが使い方知らずだけだったと思われます)

 

身内の書き込みはあれど、顔も知らないまだ「出逢ってない人」からの反響が一切なかった。

正直に思ったのは、それならFacebookとかでいいじゃん。って事でした。

 

どんどんモチベーションは下がっていき、いつの間にかやらなくなった。

 

 

 

はてなブログは、確かに色んな人が見ていってくれる。

 

しかも、コメントなんかも残してくれるし

なんか面白い事書いたろ!と意欲もでてくるんです。

 

アムルの矛盾だらけの拙い文章をなんとか解読して、共感してくれる人がいるというのがほんと嬉しい。

 

最初にコメントをくれた、kame710さんにはスゴク感謝しております。

 

やはり、はてなブログの凄い所は「人と繋がれる」ところなんですね。

 

でもそれって案外ブログの凄さってより「人の凄さ」なんかも知れませんね。

 

これからも、はてなブログで「出逢った人」や「まだ出逢ってない人」と繋がっていくために、マイペースながらも末永く続けていきたい所存です。

 

個人的な感想とかが多いブログですが、それでも見てくれた人が面白かったとか共感できたとかいうブログを目指していこうと思っちょります。

 

来年もよろしくお願いします!

 

アムルーム管理人 アムル

 

 

任天堂ってやっぱり凄い。エミュレーターからの逆輸入。

お疲れ様ですー。アムルですー。

 

最近ゲーム配信とかで人気のマリオメーカーはご存知でしょうか??



f:id:you9260:20161226211515j:image

 

こんな感じで自由にステージが作れる。

 

 

 

マリオメーカーがまだ無かった頃は

エミュレータのハックロム(ファミコンのデータを改造したもの)だったなぁ。

 


f:id:you9260:20161226211625j:image

(写真はハックマリオです)

 

ん??

 

これって、あれじゃない??

 

 

ハックロム→マリオメーカーの順じゃん!


鶏が先か卵が先か、みたいな話ですね(笑)

  

 

その他は、今大人気のクラシックミニ。


f:id:you9260:20161226211151j:image

 


f:id:you9260:20161226211213j:image

豊富なラインナップ。

 

恐らくだが、これのどこでもセーブ機能もエミュレータからきてるんではないかな??と邪推してしまう。

 

確実に害で、敵でしかなかった違法な存在からヒントを得ていたとしたら、スゴイの一言。

ただ、違法を違法として、イタチごっこするだけじゃなかったというのは本当に柔軟だと思う。

 

ニンテンドー、恐るべし。

 

全てはアムルの想像に過ぎませんがね。

 

もし当たっていたとしたら、

完全にニンテンドーさんは、ハックロムの存在に打ち勝ったんだと思う。クオリティの面でも。

 

これで、わざわざハックロムをやろうと思う人は少なくなっただろう。

 

ファミコンクラシックミニに関しても、

ニンテンドーさんなら次の事考えてそうな気がする。

今度は、「ファミコンクラシックマクロ」とか言って、収納ソフト1000本とかでだして欲しい(希望)

 

やはり、なんだかんだ本家が勝ってほしいものである。

 

おしまい。

 

 

Wham!のメインボーカル、ジョージ・マイケル氏死去。

m.huffpost.com/jp/entry/13854454

 


f:id:you9260:20161226123901j:image

 

お疲れ様ですー。アムルですー!

元Wham!のジョージ・マイケルさんが

25日に亡くなっていたそうです。

 

Wham!とはあの名曲、「ラストクリスマス」生み出したデュオですね。

 

しかし何かのイタズラとしか思えませんよね、まさかのクリスマスシーズンに亡くなるなんて。

 

人はいなくなってしまうが、後世に音楽やそれに伴う影響は残る。

ベタながら、皆の心に残る、というやつだ。

クリスマスシーズンになるとこれからも、絶対に年1回は聴くであろう音楽だ。

聴く度に、ジョージ・マイケルを思い出すでしょう。

 

が、逆に考えれば人はやはりいなくなってしまった。

聴くたびに、あの人は亡くなってしまったんだという悲しみもついてくる。

 

不思議なものですね。

歌だけでなく、やはり「ジョージ・マイケル」さんも含めて素晴らしい「音楽」だったんだろう。

 

御冥福を祈ります。

 

お疲れ様でした。

今更ながら、博多旅行の思い出の整理をしてみる。

まいどー!アムルですー!

お疲れ様ですー!

タイトル通り、この前行った博多旅行をまとめてみようと思います。

 

まずは
f:id:you9260:20161225205042j:image

「ラーメンミュージアム」行ってきました!

ちょっとこれ美味しいじゃない!

写メ撮り忘れたんで、店の名前は忘れましたが、行ったらわかると思います。

チャーシュー丸々乗ってて、1000円でした。

 


f:id:you9260:20161225205440j:image

 

こんなキャンペーンもやってたw

誰か額に「中」と書いていった人はいるんだろうか。

むしろ見所だったのかも。ザンネン。 

 

 

その後、博多を散歩
f:id:you9260:20161225205259j:image

 


f:id:you9260:20161225205323j:image

 


f:id:you9260:20161225205409j:image

 まだまだ、地盤沈下の傷跡は癒えてませんでした。頑張れ!!

 

 

 その後は


f:id:you9260:20161225205824j:image

 



f:id:you9260:20161225205907j:image

 


f:id:you9260:20161225205931j:image

 

「エヴァカフェ」やってましたよ!!

ちょっと寄る時間が無かったのでザンネン。

ファンは是非お立ち寄りください。

 

 

これ、ほとんど「1人」で回ってます(笑)

 

いやー、なんつーか、うん。

 

ちょっとの間しか博多に滞在できませんでしたが、遊べるとこってそんなないのかな??

 

ただ、食べ物はほんと美味しいですね。

写メはないのですが、イカが絶品でしたよ。

海の幸が苦手な僕でも丸々1匹頂きました。

 

博多は中国人じゃないけど、机意外なら食べれるんじゃないかと錯覚できる程でした。

 

また行きたいなー。博多。

今度はゆっくり回りたいし、1人で行こう。

 

あれ?結局1人?

 

 

おしまい。

映画ミュージアムレビュー


                            f:id:you9260:20161204220118j:image

 

まいどー!アムルですー!

今日は映画ミュージアム見てきましたー!

 

見る予定のある方はここで回れ右でお願い致します。

 

 

 

 

 

あらすじは、

カエルのお面を被った連続殺人犯(自称アーティスト)が過去に自分の起こした犯罪(幼女をクリスタルに閉じ込め殺す)が

警察の手違いにより、別人が捕まってしまう。そのまま、裁判員制度で選ばれた人々によって死刑になったしまう。

自分の芸術が「裁判員制度」で選ばれた人々によって汚されたとおもった真犯人は、

裁判員制度で選ばれた人々を次々と手にかけていく。

警察である主人公(小栗旬)の妻もその裁判員制度で選ばれた1人であったがタメに、命を狙われる……。

 

大体こんな感じですかね。

 

まぁー、読みにくかったらwikiってください(´∀`)笑

 

個人的な点数で言えば、

五つ星中、四つ星です☆☆☆☆

かなりグロイ内容になってます、洋画のセブンに近い印象があります(´∀`)

 

ただ、洋画しか認めない!って感じの人も見れると思います。

なんていうか、邦画独特の安っぽい感じはないですね。

グロさだけでなく、洋画のいい所にも影響を受けてると思われます。

 

最後の最後、自分の妻と子供を主人公が助けに行くのですが、捕まって閉じ込められてしまいます。

 

そこで、唯一の食事で

ハンバーガーをカエル男に食べさせられるのですが、その肉の正体は……??

って感じのところがあるのですが、この辺が1番気持ち悪かった(良い意味で)ですね。

 

そのカエル男は心因性の日光アレルギーなんですが、幼い頃に植え付けられたとあるトラウマのせいでクビ元をボリボリかく癖があります。

 

最後、なんとかカエル男を逮捕し、平穏な日常を取り戻した主人公達。

 

息子の運動会で、我が子の勇姿を撮影する主人公だが

ファインダー越しに、クビをボリボリかく息子の姿が……。

 

で終わりです。

 

因みにめちゃくちゃ後味悪いです(笑)良い意味でね。

 

この後、ハンバーガーを食べて帰った事は言うまでもありません。

 

因みにアムルはこの映画を見てトラウマになりそうでした。

 

 

あれ……?なんかクビがカユイな……。

 

 

他にも見たというかた、感想教えて下さいね!

 

 

おわり。

最近まで勤めた会社の給料公開!ブラック企業の個人的基準。

                    
                   f:id:you9260:20161118121408j:image

 皆さんは「ブラック企業」と聞くと何を想像しますか??

『給与体制』『拘束時間』『上司からの圧力』その他もろもろ。

色んなものを連想しませんか?

アムル的な考えでは実はこれらのバランスが崩れた時(若しくは既に崩れてしまっている)にブラックになるのではないか、と考察しています。

思い返しながら書くので、やや乱文気味になってます。ご了承ください。

 

 

アムルが過去に勤めた1つのを例にだして

ブラック企業の実体(実態)を経験則で語ります。

 

ブラックの要素は上記しましたが、ほぼあてハマっていました。

 

 

 ただ、1番気に食わなかったのは、

『他所』もそんなもんだ、どこも一緒だ。とダラダラ決めつけて、何も行動しないヒラの連中。

 

どうやってその『他所』を知ったつもりになってるんだろうか??

 

他所で働いたの?他所でお金稼いだ事あるの??

 

何も知らない人達が他所を語る。知らないなら他所を語らなければいいのにね。

 

横つながりの人間もそんなだとブラックの要素がグッと高くなる。

そういう人達に限って「会社を辞めるな」という矛盾を当たり前のように投げ掛けてくる。

 

その会社ではパチンコで生活費を無くし、お金をアムルに借りにくる上司がいた。

約束の日になっても返せないとなると、『無視』されるとかもありました。(アムルはちゃんと給料日まで待ったりしてましたよ。)

しかも、アムルから借りたお金で風俗とかに繰り出していたらしい。いまだにその人の感覚は狂ってると思う。

アムルはその辺強気なんで、揉めに揉め、

大事にして、会議にしてやりましたけどね(笑)

 

けどまぁ、社会とはナメられた方も悪いのでアムルにも非はあります。お金は戻ってきたから良かったけども。

ただ、ここでキレたりできないタイプもまた自分を苦しめる『ブラック』になりうると思う。

 

話はややズレましたが、

当時アムルの給料は手取り「13」万でした。

ゴルゴ13でもデス13でも地名の十三でもありません。

 

人によっては、まだ貰えるならいいじゃん!という意見がでてくるかも知れませんが、そういう人は恐らく生粋のお金持ちか、働いた事のない人だとお察しします。

 

家賃等の支払いしたら丁度なくなる金額でしかないのです。

 

なら辞めたらいいじゃん?という声も上がりそうです。

 

ええ、辞めましたよ?(笑)

 

今はその会社よりもいい環境で働いています。

 

アムルからしたらそこで「辞める」という決断もできない人も会社と自分をブラックに育てる素質があるのだ。

 

たまに、会社がブラック過ぎて人が自ら命を絶ってしまうパターンがある。

環境が違うので一概には言えないが、

それは『家族』すらもブラックである確率が高いと個人的に思う。

受けとめてやればいいじゃん。帰ってこいって言ってやればいいじゃん。

 

人間の集合体なんて、数が多ければ多いほどまとまりが無くなる。

 

結局のところ、ブラック企業とは

そこで働いている『人』が『自主的に作り上げてる』ものなのだと今は結論付けています。

 

おわり